· 

つくり手の想いと願いが込められた唯一無二のほうれん草。

各分野で活躍する4人が連なる「4 colors」。

自分たちの好きな「もの」「こと」「暮らし」を、好き勝手紹介していきます。

記念すべき一回目は、新潟市秋葉区にある近藤清四郎農園さんをご紹介します。

 

TEXT : Saori Nakajima PHOTO : Kazuriro Asazuma

 

新潟市秋葉区にある「近藤清四郎農園」さんは、新潟県内ではめずらしい「ほうれん草の専門農家」。

敷地内にあるハウス5棟には、有機栽培でつくられたほうれん草が、すくすくと育っています。

 

甘味が強く、肉厚の葉が特徴的な近藤さんのほうれん草。

そこには、近藤さんならではの想いが込められています。

 



 

一番のこだわりは「土」。

5年かかったというこの土は、ほうれん草を作る命の源。

土に直接、牛ふんや米ぬかを混ぜ合わせ、ひと棟ずつ丁寧に手でかき混ぜます。

最終確認は「土を食べること」。温度や湿気で微妙に変化するため、「自分の口で味わうことで、甘い土=甘いほうれん草になる」と近藤さん。

 

 

 

さらには、土の中の温度が上がりすぎないようにコモをを敷き、温度、湿度、水、光の具合を、事細かに調整していきます。

「ほうれん草も生き物だっけさ。毎日、おはようとか、今水くれてやるろーって、声をかけてやるんさ」

種を蒔いてから収穫まで約1ヵ月。最後まで手を抜くことなく、近藤さんの想いが込められたほうれん草が、ようやく私たちのもとに届けられます。

 


周りに樹木農家が多い中、葉物農家として奮闘する近藤さん。土のレシピは祖父の手帳から見つけ、さらにそれを自己流にアレンジ。

 

ほうれん草のほかにも、春菊なども栽培。臭みや苦みがない春菊は、そのまま生でいただける。

 

米粉とほうれん草の粉末を混ぜ合わせた、奥様手製のパウンドケーキ。もちもちとした食感と甘さ控えめが美味。


優しい笑顔が印象的な近藤さんご夫婦。愛犬・黒柴犬 正宗君も、元気にお客様をお出迎え。

 

 

 

この甘い甘いほうれん草。私的なおすすめレシピはシンプルにいただくこと。

さっと洗ったほうれん草の上には、オリーブオイルと岩塩のみ。

ほうれん草の甘味をダイレクトに味わえます。

お好みでパルメザンチーズを加えても美味です。

新潟では唯一無二と言っても過言ではない、有機栽培ほうれん草。

ぜひ、お試しあれ!

 

 

DATA

 

近藤清四郎農園

新潟市秋葉区浦興野306

電話 : 070‐4231‐5984(9時~15時)

定休 : 日曜